HOME / 交通事故発生病院での治療 / 交通事故の過失割合 / 交通事故の慰謝料 / 交通事故の後遺障害
あなたは大丈夫?

交通事故が起きたときの対応

対応画像

交通事故は予測しないときに突然起こるものです。
自分がもし事故にあってしまったら、たいていの人は冷静さを失うと思いますが、そのような時こそ冷静な対処をすることで、後々のトラブルを防ぐことができるのです。
交通事故で様々なトラブルを解決する専門家が交通事故 弁護士です。


もし交通事故にあってしまったら、まずは誰がどのような怪我を負ってしまったのかを見て、負傷者を救助することがなによりも先決です。そして必要な場合には、救急車を呼びます。安全な場所に移すことが大切ですが、状況によっては怪我人を移動させるのが難しい場合もあるでしょう。
下手に怪我人を移動させてしまうと目立つような外傷がなかったとしても、後で症状がでてくる場合もありますし、決して安易に考えないで、病院で診てもらうようにしましょう。


また、自分の怪我の程度にもよりますが、可能であれば、加害者の免許証や車検証なども確認できると良いと思います。
救急車を呼べば、自動的に警察へ連絡がいきますが、そうでない場合には、警察に事故発生を知らせるために110番をします。
交通事故を起こした場合には、警察への連絡が道路交通法で義務付けられていますので、絶対に連絡を怠らないようにしましょう。
もしも警察に知らせなかった場合には、罰金もしくは懲役刑が課されるということだけは覚えておきましょう。

絶対示談にしてはいけません

なかには、何度も事故を起こしている人等で、事故を起こしたことがわかると、免許の取り消しや停止となってしまう人もいます。
そういう人は、警察への連絡を渋り、示談ですませようとする傾向もあります。
後々の損害賠償で損をしないためにも、加害者であって被害者であっても絶対に警察には連絡しましょう。


事故直後は気が動転してしまって、気持ちを静めて冷静沈着な行動をするのも難しいとは思いますが、交通事故直後にやるべきことはたくさんありますので、まず落ち着いて動くことが大切です。
一般財団法人 自賠責保険・共済紛争処理機構 公益財団法人 交通事故紛争処理センター